30年後、2050年に私は70歳くらいになっており、年金支給が今の65歳開始から繰り下げられており、ボチボチ支給が開始されている頃であろう。









しかし、もしかしたら2045年頃に超絶少子高齢化により現在の年金制度が崩壊し、年金保険料を約40年間にわたってせっせと積み立てたにも関わらず、ハチミツの現物給付で年金給付が行われている可能性も否定できない🐻








逆に今から30年前、1990年頃、日本はバブル景気の末期を迎え、リーマンは世界で24時間戦い、OLは東京都港区界隈で踊りまくっていた。私も小学生ながら、当時は街でフェラーリや浅野温子のような風貌の女性をよく見かけていたことを鮮明に記憶している。








私の父親は新しいもの好きであったため、これ見よがしにNTTのバカでかい肩掛け携帯電話を持ち歩いており、私もたまに車の中から無駄に時報を聞くために使わせてもらっていたことを覚えている。









日本株も超絶イケイケで、当時NTTが上場する際に、母親が家族全員の名義で抽選に応募し、何株か当選、何もせずにバカ勝ちしたことも一昨日のように覚えている。








当時、あまりにも規模がデカくなり過ぎて世をビビらせたが、その後落ちに落ちた企業に私は大人になってから仕事で関わることがあったが、2010年代だというのに、恐ろしいほど旧型の昭和的システムをいまだに利用していたことに悶絶したものである









世界に目を向けてみると、1990年頃は今私がこよなく愛するNIKEはやっと流行り出したくらいであり、小学校の時に旅行で行った北京なんて、車よりチャリンコの方がハンパなく多かった。国際線の飛行機も機内で普通にタバコが吸え、今思うと全く別の惑星に住んでいるような感じであった🚬










私が海外転勤で今住んでいるこの異国の地も1990年頃に旅行で訪れたことがあったが、今の大都会雰囲気とは全く様相が異なっており、マジ怖かったことを覚えている。








要はだ。






10年あれば経済なんて様変わりしてしまう。
>>10年後の世界を予想してみる🌎 だから私はセミリタイアする




20年あれば技術なんてあっという間に新しいものに入れ替わり、また、世の中の大企業の構成も今とガラッと変わってしまう。
>>20年後の世界を予想してみる🌎 だから私はセミリタイアする








そして30年あれば、世界なんて根底から丸ごと変貌を遂げてしまう🌎
多分それは今も昔も変わらないであろう。








てことは30年後、年金制度が崩壊し、ロボットが地球を支配し、人間は家にいながら世界を脳内で旅できて、家から一歩も出なくなっている可能性だってあるのだ。








もしこのまま社畜として私の人生を会社に捧げ続けたならば、仕事後の居酒屋にへばり付き、気付いたら定年の年代になっており、世の中がいつの間にか変わってしまった、ということになりかねない。









ならば、年金制度に期待せずとも生きていけるだけの手持ち資金がある程度貯まり、且つまだまだ動ける40代前半の今、世界の変わっていく様を自分の目で見ておきたいと思い、私はリタイアをすることを決意したのである。








と言うのは建前で、日々の忖度社畜仕事がめんどくセーだけだけど








未来を夢見るセミリタイアまであと546日なう