この異国の地での勤務は日本での勤務に比べれば比較的自由が効くものの、日本との電話会議が非常にかったるく面倒臭い







果たして私以外の世の中のみんなは喜んで電話会議に参加しているのだろうか??
まあでも、社畜道を選択してしまったのは私自身であるから受け入れるしかない。。







しかし、問題はそこで無い。
日本からの参加者は日本時間朝8時とかからの会議開始であり、と言うことは彼らは朝6時頃には起床、眠気まなこをこすりながら電車に揺られ7時半過ぎには会社に来ているのだ。








会社の就業規則によると、確か9時が始業開始時刻なので、始業時間前、しかも1時間半も早く会社に来ているのだろう。就労規則に反してるし







私の肌感覚によると、多くの日本企業は年々朝が早くなってる気がしている。
以前だと、9時前後にメールが来始めるのだが、7時台からのメールが格段に増えたような気がしている。








どっかの企業が朝型勤務を推進したことにより、同じく朝型勤務を推奨する企業がどんどん増えて来ており、私のように朝が非常に弱い人間にとっては大変迷惑を被っている。








会社によっては、どうやら早朝出勤した社員には朝ご飯まで提供しているようで、朝型人間にとってはとても有り難いのだろうが、完全に良質のブロイラーを飼育する社畜養成システムにしか私の目には映らない👀








私の現在勤務する会社も人にもよるが、全体的に2015年頃から出社時刻が年々早くなってきており、9時出社が8時になり、それが7時半になって来ており、、、そのうち朝3時出社とかになったりしないか心配が募る









更に、社畜世界ではなぜか職階が上がるにつれて早朝出勤になっていくと言う傾向が見られる。
部下も気をつかって早朝出勤に追随せざるを得ない「社畜スパイラル」に陥っているのである🌀🌀🌀








この一連の早朝出社推進型勤務は、朝が苦手な人を完全に無視した概念である。
飲み会で酒が飲めない人に酒を強要する「アルハラ」に匹敵する「アサハラ」であると私は思っている。
世の中にはお昼頃から頭が機能し始めて、夜にかけて仕事のテンションがMax最高潮に達する性質の人も多いと思うが、一律朝型社畜を要請するとはハラスメント以外の何でも無い。








プロ野球選手なんてみんな18時からが仕事時間ではないか!!








屁理屈はさておき、会社の先輩は口を揃えて、「歳を取ると早朝に目が覚めちゃうんだよ」と言うが、私は40代を迎えたにも関わらず、未だに早起きになる傾向が見られない。特段夜更かししている訳でもないのに。。








私は過去2回の転職の度、消化しきれていなかった有給休暇を1ヶ月超消費して、家なり旅なりでマッタリしていた
起きたい時間に起き、寝たい時間に寝る。そんなノンストレス生活をしていると、自然と早寝早起きになっており、それが一番の健康的な生活であった、と私は思っている。








今の私は、月曜朝から金曜夜遅くまでは社畜タイムとして我が日本国にために汗水垂らしてご奉仕して、夜はよく分からないうちに眠くなり倒れるように寝る生活を送っている。こんな生活をしていたらハゲてしまう、私はそんなのは嫌である☀️








だから私はセミリタイアすることを決意したのである。
朝一早朝から会議なんて頭回んないし、もう40代の大人なんだから時間くらい自分でコントロールしたいものである⏰









朝寝坊ウェルカムのセミリタイアまであと547日なう🌅